息子が生後3ヶ月を迎えました。

ということは私もママ歴3ヶ月になったという事です。

 

生後すぐのドタバタな毎日を経てやっと最近は落ち着ける時間が持てるようになりました。

手がかからなくなったというわけではなく単純に私が赤ちゃんという存在への対応に慣れてきたのでしょう。

 

今日は4ヶ月間息子と一緒に過ごしてきて悩み考え実践してきた私なりの子育て術をシェアしたいと思います。

新生児の頃はなりふり構わずやるしかない

今振り返るとたった2.3ヶ月前のことなのに新生児期の記憶がほとんどありません。

もちろん写真を見たり何かの行事だったりそういうことはわかるのですが

どうやっておっぱいをあげていたのだとか、

どのくらい寝てたのだとか、

どうやって接していたんだとか、

びっくりするくらい思い出せません。

 

きっととにかく必死だったんでしょう。

ものすごく寝不足だったのに頭は常に覚醒していてなき声が聞こえると即座に目が覚めた不思議な時期でした。

気が張っていたんでしょうね。とは言っても未だに眠りは浅く速攻で起きれます。

この時期はコツとか子育て術とかそんな悠長なことは言ってられずとにかく無事に1日1日を過ごす。それだけ。

おっぱいをあげて寝かせて大きくなることだけを考えて乗り切る。それだけ。

それしかないのではないでしょうか。少なくとも私はそうだったと思います。

少し余裕が出てきたら優先順位を決める

怒涛の日々も一ヶ月くらい経つとさすがに慣れてきて赤ちゃんが泣いてもビビらなくなります。

そしてどういう子育てをしていきたいのか、何が子供にとってベストなのかを考えるようになりました。

自分のペースで進まない家事に焦り

それまでは慣れない子育てに手一杯で料理や片付けなど決まった時間には出来なく、子供が寝付いても私自身が眠くて”よし!掃除しよう!”とはなかなか思えませんでした。

ニューヨークは自分の家に洗濯機がない家も多く、例に漏れずうちにもないためランドリーまで行かなくてはならず、ミルクをこぼしたり吐いたりして溜まっていく子供の服を手洗いで洗って干す、それだけでも結構な時間がかかるので他まで手が回らず四苦八苦していました。

 

でもやるべきことをやっていない、という罪悪感というか怠けていると思われるのではないかという責め立てられるような気持ちを勝手に感じてしまい子供との時間に焦りを感じてしまったり、と難しい時期もありました。

余裕があれば子供の成長を楽しめる

頑張っておっぱいを飲んでいる時、

うまく眠れなくてぐずっている時、

オムツ替えした直後にうんちをした時、

ご飯の準備をしようと思ったらぐずり出した時、
などなど子供相手だと予想以上に時間がかかることだらけです。

そんな場面で何かに焦っている状態だと”まだかなぁ”と思ったり”なんでー!”と思ってしまいます。

 

でも赤ちゃんにとっては全てが成長に必要なもの。無駄な時間は一瞬足りとも少しもありません。

ただたくましく生きようと頑張っている我が子に対して大人の都合を押し付けるのは違うなと思ったのです。

そうやって余裕を持って接しているとおっぱいを飲む姿もより可愛く見えます。

私が一番やるべきことは笑顔でいること

こんな風に考えるようになってから、一緒にいることを心から楽しめるようになりました。

私なりに色々考え、何を優先するかを決めたから気が楽になったのだと思います。

そうです。笑顔でいられる事を優先順位の一番にする!と決めたのです。

まずは旦那に『料理や掃除をしなきゃ!と思って焦りたくないから出来てなかったらごめん。』と伝えました。
旦那に”家事やってないな、と思われたくないから”というのが焦る理由の大きな要因だったからまずはそこをクリアにしました。

そして笑って接する。このことを毎日意識して過ごしています。

 

だって、言葉で分かり合えない赤ちゃんには笑顔が何よりの愛情表現だと思うから。

可愛いとか愛してると言葉でどれだけ伝えても赤ちゃんはまだ理解出来ません。

そんなことより笑顔でいることのほうがよっぽど愛情を伝えられ、安心感を与えられるんじゃないかな、と思っています。

現に言葉のわかる大人にだって仏頂面で言われるロマンチックな言葉より笑顔で言われる何気ない一言のほうが感情は伝わるだろうし。。

でも・・・笑顔になれない日もある!と割り切る

笑顔がMUSTになってしまうと意味がない

笑顔は魔法のように育児中のストレスを軽減してくれますが

笑顔でいることが絶対、MUSTになってしまうとそれもストレスになってしまいます。

 

だって人間ですもん、笑えない日だってあります。

私は大体の日はいい感じに元気でいられるのですが、ちょっとずつの我慢がほんの些細なきっかけで大爆発するタイプです。大爆発と言っても激怒するわけではなく、スッ・・とシャッターが降りていくような、、無表情になり話したくなくなり一人になりたくなります。

そういう時に無理して気を盛り立てようとすると素晴らしく逆効果なのでチーンと静かにしています。

 

旦那もそんな私と6年一緒にいるのでさすがにわかっているようで

あまり深追いせずそっとしておいてくれます。ありがたいです。

子育ては何年も長く続く生活の一部だから頑張りすぎない

頑張りすぎないって難しいですよね。

特に初めての育児で、可愛い我が子を目の前にして考えすぎってくらい子供のことばかり考えてしまう。

そういう人が多いのではないでしょうか。

でも今だけじゃなくこれから何年も続いていくものだから、

スタートダッシュをし過ぎないように、あまりに自分のキャパを超えてやり過ぎないように。

可愛いねって笑える自分でいられるくらいの余裕を持って子育てを楽しんでいけたらいいですよね!

 

お試しアドセンス
こんな話題も