2017年7月16日に長男ポコが誕生し、晴れて母になりました。

子供が産まれてからの生活は本当に何もかもが新しく新鮮で、、といえば聞こえはいいですがわからないことだらけで夜な夜なGoogle先生にお世話になるのが日課でした。

三ヶ月が経ち、やっと子供がいる生活にも慣れ、ポコというまだ小さいけれど一人の人間としての特徴も掴めてきたので今の現状と共にこれまで100日の感想をまとめてみます。

 

 

生後100日の赤ちゃんとはこんな感じ *ポコの場合

体格

誰に会っても”なんか、、大っきくない?”と言われます。笑

3720gで生まれたポコはほぼ2倍の7300gとなり、身長も14cm伸びました。

 

36週の時点で予想体重3300gと言われ、産めなくなる!と恐怖に慄いていた私としては、思っていたより小さかった。というのが正直な感想です。4000g超えると思ってました。

日本人からすると標準よりだいぶ大きめなんでしょうがアメリカではおそらく超標準です。

 

ですが、実際街で会うベイビー達はだいぶ小さめ。めちゃめちゃどでかい黒人のママさんとかが連れてる子供とか超小さい!(比較対象が大きいから目の錯覚!?)

二ヶ月検診で64cm 6800gと言われ、WHO(世界保健機関)が出している人種別平均身長体重の成長曲線を見せてもらったら身長は全人種の平均を超えていました。

6ヶ月用の服を着せていますが既にかなり怪しい。。結構な頻度でお股が閉まらずオムツ丸見えな着こなしをしています。

授乳

1日1回、寝る前はミルクにしていた時期もありましたが今は母乳だけです。

というのもミルクをあげない日が一週間ほど続いたら哺乳瓶を嫌がるようになってしまい、泣かれてまであげる必要性を感じなかったので諦めました。

母乳だけで辛い事は、外でお腹が空いて来たとき授乳できる場所を探さなければいけない事。

それ以外は問題なく、なんとかなってます。

出来ること、出来そうなこと

首もほぼ座り、抱っこがかなり楽にできるようになりました。

うつ伏せにすると顔をニョキッと立たせて満面の笑みで笑いかけて来ます。(もれなくよだれが垂れちゃう)

寝返りはまだしませんが練習はしているみたいです。

 

何かを掴むという事がしっかり出来るようになり、抱っこ移動の時にギュっと握ってくるのが可愛くってハートを鷲掴みされています。楽しくなっちゃって色んなものを掴ませています。

 

脇の下を掴みちょうど足がつくくらいの位置で持つと足を踏ん張って仁王立ちのようになります。

足の裏の感触が新鮮なのか、この体勢になると声をあげて楽しそうに笑います。可愛すぎ。

 

なので鼻水を吸って大泣きさせてしまったあとは必ずこれで忘れてもらう。

マイブーム

 

 

最近の彼のマイブームは拳をしゃぶりまくることと舌打ち。

赤ちゃんに舌打ちされる日が来るとは思いませんでした。笑

 

 

 

 

拳を口に詰め込みすぎて・・・おえーっとします。

まだその辺りの加減は難しいかしらね。

 

 

 

 

そしてデロデロの拳を『ほらっ!』とおすそ分けしてくれます。

ごめんよ、ちょっとママは遠慮するよ。

 

 

 

100日で私が発したコメントランキング

第1位! 可愛いなぁ 第2位! ありがとうね 第3位! どしたのー!?

 

なんのランキングだって感じですが。笑

この三言に私の100日が集約されていると言っても過言ではありません。

 

日中ポコと二人っきりだとほぼ常に可愛いと言っています。

寝顔をみても可愛いと思わず呟いてしまっています。

そんな風に思えて幸せです。

 

ありがとうも日常的に言いたくなります。

起きても泣かずにニコッとしてくれたり、家事をしてる間一人で遊んでいてくれたり

健気ないい子でいてくれるので。有難いです。

 

第3位は私が言い続けた悲鳴のようなものです。

何から何まで未知過ぎていちいちドキドキしてました。そして夜な夜な検索魔と化す。

周りに子育てのアレコレを聞ける人なんていないので

何か知らない事にぶつかると今度はなんだ!なんだ!と一人で焦りまくっていて

誰もいないのはわかっていても「えーなにぃぃぃどしたのー。。」と思わず口から漏れ出ていました。

ポコと過ごした100日間の感想

自分でも驚くほど楽しく過ごせています。

出産前はもう少しイライラしたり面倒臭くなったりしちゃうのかな、と不安になるときもありました。

ポコがいい子でいてくれるから、ほとんどの時間を笑顔で向き合えています。

 

すごく長い時間を一緒に過ごしている気になっていますがまだたったの三ヶ月というのが信じられない気分です。

まだまだ始まったばかりのポコと過ごす新たな人生。

たくさんのワクワクな期待とやっぱり多少のドキドキな不安と共に手探りな私なりの子育てを楽しんでいこうと思います。

 

お試しアドセンス
こんな話題も